#ステラリス パカリ研究院の観察 1

20191108193833_1.jpg

さあ、今日から我々パカリアンは宇宙列強と渡り合うべく、大銀河帝国を……
作らないぞ!!

我々はこのセクターを離れない!
面倒な事には関わりたくない!
ひたすら宇宙の真理に迫るべく、知の探求のみを求めていくのだ!
とは言え、やはり領土拡張して国力を付けなければ、研究に邁進する事は到底不可能。
まず先に積極的に国家を成長させ、それから閉じこもる体制を構築していく……というプランで行きたい。
安楽な研究環境を作るためなら、労苦は厭わないのがパカリストの心情なのだ!

pk7.png

と、言うワケで、いよいよプレイ日記第三弾がスタート。
開幕は今まで通りまずは調査船ラッシュ……
と思ったら、エネが足りない。
乗せる研究員を雇えない。
うーん? いつもこんなカツカツだっけ?
もしかして銀河の広さに応じて初期資源変わったりするのかな? 勘違い?

うっ、惑星の幸福度がやけに低い。
市場建ててもまだ足りないから、贅沢品配布まで投下。
それでもすぐマイナスになる。
市場を建てても、今はそこで働くPOP(住民)がいないから、建てたものの効果がすぐには出ない……という事かな?
まだ自分の知識では何が原因なのかがハッキリ分かっていない。
そうやってモタモタしていながらも、銀河の調査は着々と進む。

「院長! 過激信仰を掲げた武装宗教団体が蜂起しました!」
pk9.jpg
「何ぃ! 宇宙に出て早々?! 敵はどこにいる!」
「それが……」
pk10.jpg
「敵艦、直上!!」



「院長! 異種族です! ついに他星系の知的生命体との接触が……」
pk11.jpg
「うわあぁぁぁぁぁ!! 宇宙怪獣だぁぁぁ!! コンタクト、できません!!!!!」
pk12.jpg
「調査船、緊急回避! 回避だ!!」



「院長、古代に遺棄された先史文明の工場を発見しました!」
pk13.jpg
「ほほう、再利用できそうだな…… 早速復元して研究したまえ!」
「院長! 復元失敗! 工場が崩壊しました! それに……」
pk17.jpg
「うわあぁぁぁぁ 逃げろぉぉぉぉぉ」
pk18.jpg




「院長!」
「今度は何だ!」
pk15.jpg
「また結晶怪獣が!」
「迂回、迂回だ!」
「それが、迂回した先にもですね……」
pk16.jpg
「あぁ……こりゃ本隊の方だ…… ここから先は進めんな……」




「え? また何か出たの? 今度は何だ……」
pk14.jpg
「調査船、巨大宇宙アメーバに遭遇!」
「はい、迂回しとこうね……」




開幕から怒涛の敵性体ラッシュ。
pk19.jpg
えぇぇぇぇぇ…… なにこの魔の宙域……

今回は銀河MAPが極小設定で狭いから、確定生成のエネミーに出くわす可能性が高いんだろうな。
しかし過激派艦隊は初動でいきなり出てくるし、ドローン覚醒はランダムだろうし、かなり運悪くない…?

この過激派宗教団体、やられてもやられても次が出てきて厄介なことこの上ない。
上陸部隊を編成して制圧するという無駄な生産力も使わされるし、最初期から戦艦まで持ち出してくる始末。
コルベット三隻でスタートした瞬間に、戦艦持った敵が生成されるって、ひどくなーい!?

そうして、初期宇宙探査に手間取りつつ探索を続けている間に、毎度お楽しみのファーストコンタクトも色々と。


狂軍拡+権威 「ウィニング連合」
pk20.jpg
ひえっ… 一番近いお隣さんが狂軍拡とか、悪いのと当たったなぁ……
一応、関係性は今の所+。国境を積極的にぶつけに行くのはやめとこう。
彼らはこちらに「独立保障」を持ち掛けて来る。防衛協定とは違う、一方的な防衛戦争参戦保障だ。
何その頼れる兄貴ムーブ。逆に怖い。
とりあえず、ご機嫌取りでこちらからも保障を出すが、なぜか即座に相手から保障をキャンセルされる。
な、何か気に障る事ありやしたでしょーか、アニキ……



その少し後に出会ったのが、
権威+平和+物質 「ヒッスマ主権連邦」
pk21.jpg
お、初回プレイの時見かけた名前。ランダム生成で別物勢力に生まれ変わったか。
うむうむ…… 国体的にウィニングより仲良くできそうだ。
一応、覚えたての要素、「独立保障」を飛ばしておく。



国力・順位を確認すると、ヒッスマが一位で、我らパカリ院は最下位。

国力に劣る我が国の僅かな優位点は、技術先行。
その技術を分かち合うのはまだ早いと思っていたが、野生のエネミーと、叛乱と、軍拡国に囲まれた我々に余裕はそう無い。
2位ウィニングに研究協定を持ち掛け、快諾される。
このまま良好な関係を保ちたいものだ。

それから間もなくして、ウィニングはヒッスマに宿敵宣言。
ううっ…… やっぱり怖い人だ、この人達……
開戦に巻き込まれたくないので、ヒッスマへの独立保障はすぐ解除。



更に、次の勢力と接触。
権威+受容+平和 「エキニャン統合機構」
pk22.jpg
か、かわいい……
志向的にはエキニャンとヒッスマが仲良しで、平和同士で組んで、狂軍拡のウィニングとぶつかる形か……
しかし、こちらは一番近いウィニングと喧嘩するワケにもいかず、彼らとも敵対する羽目になりそうで怖い。


と、ここまで全て相手言語をこちらが翻訳して、コンタクトボーナスを稼ぎつつの接触。
フフフ、頭のいいところを見せつけていくロールプレイが出来ているではないか……


銀河地図、ドン!
pk23.jpg
現状、こんな感じ。

パカリのすぐ北に軍拡国ウィニング。
その上をヒッスマが塞ぎ、その後方、ウィニングと国境を接しない形でエキニャンが登場。

なるほど、ヒッスマとパカリの2正面で戦いたくないから、ウィニングは地球と仲良くしたかったんだな。
しかしこちらの戦力がコルベット5しか無いと分かって、組むだけ無駄と見た、か……?

じっくり星図を眺める。
北への探索ルートは既に全部塞がってしまった。他国を乗り越えてまでの遠方調査はもういいか。
自国付近で見つけたアノマリー(小イベント)を全て放置しているので、そろそろ消化していくとしよう。

ウィニングはもう拡大出来ないから、いずれ戦争始めるんだろうな……
こっちに来ないように、仲良くしていきたいところ。

今回のプレイでは出来るだけ戦わない方向で行きたい。
エキニャンはウィニングとは国境を接していないため、仮想敵がウチになる。
あまりウィニングと仲良くし続けると、いずれ大戦争になりそうで怖い……
うまくバランスを取って行きたい所だけれども、遠方と仲良くするのは、外交の「距離」補正が厄介なんだよなぁ

エキニャンとはまだまだ国境が触れ合う事のない距離がある。
ぼちぼちで様子を見ていきましょか。

画面南方の4ルートはいずれも行き止まり。
東のルートを塞ぐのは、モブエネミーの中で一番怖い結晶体のみなさん。
未知の勢力が来ても、当分の間ここは通れない。

という事で、この広い空間を独占出来る状態。
敵モブはやたら多いが、立地的にはかなりいい感じだ。
上手く拡張して、当初のプランに従った国作りを目指していこう!


次回へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント