#ステラリス 地球帝国の逆襲 最終章3

さーて今日もステラリスしよっと!
と起動してみると……

st662.jpg
ん?! ローディング表記が英語に……


dmn.jpg
う、うわあぁぁぁ~~~
バージョンアップのせいか、日本語表記が死んでる~~~!!
日本語だった部分が全て?になってるぞぉ!!

まあ、大体は分かるんで、めげずにそのままプレイしていると、
st663.jpg
前回制圧したラルテク帝国の首都星っぽい所が決起して、独立してしまった。
st664.jpg
うーん、それならそれで、連邦に誘ってみるか。

st665.jpg
文脈からすると、これかな?

ポチッ

st666.jpg
えっ!!?

一瞬でラルテク本国に吸収されてしまった……
英語を読み違えて何かいけない選択肢を選んでしまったか?と思ったけれど、そうじゃなく、おそらく、たまたま吸収のタイミングとカチあっただけなんだろうな。
うーん、あちこち戦後復興していて、戒厳令+警察設置+贅沢品ばらまき、のコンボ投入が遅れてしまったのが災いしたか……


さて、上の画像を見てもらえば分かるように、結局日本語はすぐに復活。
MOD製作者さんが素早く対応作業をしたのか、一度ゲームを中座してから再びスタートすると、もう治っていた。
ありがたやありがたや。

そうして、戦後復興に励んでいた、その時。


st667.jpg


ギャーーーーーーーーーーー!!!!  もう来たーーーーー!!!

2457年、ついに「銀河の危機」の予兆が!!

これで、2500年が来ても地球帝国の勝利で終わったりはしなくなった。
「銀河の危機」が終わるまで、ゲームは終了にならないのだ!

終わらせるためには、敵の開いたポータルを全て閉じなければならないのだが……

場所が大変よろしくない。
シンモトロイ母星の眼前。
st668.jpg
南はヒダリ帝国、北は聖域であり、敵国を通らねば進めない場所である。
これは…… 停戦期間が終わって、国境を閉鎖されてしまうと、詰みなのでは?!

st669.jpg
で、出た~~~~!!!
見覚えある船体! 前回と同じく、今回も「銀河の危機」はアンビドゥンか!!

一刻も早く敵艦に対応した艦設計に切り替えたい所だが、未接触状態ではまだ敵の装備が分からない。
st670.jpg

そして、奴らは動きだす……

st671.jpg
やはり、前回と同じ、アンビドゥン艦隊だ。
国家形態の違いにより、選べる選択肢が前回と違っているのが面白い。
st672.jpg
どうせ何を言っても変わらないだろうと思い、二番目の選択肢を選んだ。
st673.jpg
うーむ…… 強がりは全く通じない。


敵中枢艦隊は、戦闘力14万
st674.jpg

艦隊を結集させれば、個々の6万艦隊には勝てるが、中枢艦隊にはとても敵わない。
さあ、どうしたものか。

銀河大戦が無事終わっていれば、すぐに要塞を建てて補給線を確保できた所だが……
敵地内では修理しながら戦う事もできない。

敵装備はこの時点で判明。
st675.jpg

敵の防備はシールドのみ。敵の武装は対装甲。
つまり、こちらの艦隊にはシールド破壊武器を載せ、防備はシールドに特化すればいいという事だな。
「銀河の守護者」ボーナスもあるんだ。
今の艦隊でまともに戦えるといいのだが……

やむなくヒダリ領を通ってアンビドゥン艦隊迎撃に向かう地球軍。
st676.jpg
だめだ…… ヤツらが拡散すればするほど、倒すのは難しくなる……

シンモトロイの艦隊は6000しかいない。時間稼ぎも出来ないだろう。
st677.jpg

これは、かなりよろしくない……
北西に広がられると、次々次元アンカーを設置され、無尽蔵に敵の増援が湧き続けるぞ……
だがしかし、敵が北に進めば、すぐに聖域、ダバクス帝国とぶつかる。
シンモトロイ領が壊滅したとしても、そこから先の出口は聖域側にしかない。
彼らがそれで覚醒してくれれば、逆転は出来るかもしれない。
彼らの艦隊なら、個々の6万艦隊に負ける事はない。

北をダバクスが、南を地球が封じ、それ以上の拡散をふせぎつつ、対アンビドゥン装備艦を量産し、反転攻勢に出る。
st678.jpg
このプランなら、どうだ。


独立勢力が連邦への加入に応じてくれるが、
st679.jpg
焼け石に水。
力にはなるまい。

停戦協定による国境解放が終了するのは、いつだ?
st680.jpg
2466年、か。
現在は2458年。
8年で戦いを終わらせる事は…… 不可能なのでは……
また、今回も宇宙を守る事は出来ないのかもしれない……

それでも、戦いを諦める訳にはいかない。
続けると決めたのだから。

地球艦隊は、駆け付けた82000の戦力で、アンビドゥン艦60000との初戦を開始する。
st681.jpg
対策装備に換装している時間は無かった。
換装は新規生産艦から、という事にする他無い。
それでも、戦闘はこちらの優位に進み……
st682.jpg
st683.jpg

勝利!!
st684.jpg

うーむむむ、勝ったはいいが、損害がむちゃくちゃデカいぞ……
無限湧き艦隊相手に、この調子で削られていては、いずれ力尽きるのはこちらだ……
この↓艦隊の一つ一つが、今倒した敵と同等の戦力なのだ。
st685.jpg
しかも、中央に控えているのは、14万のラスボス……

遠方からも艦隊をかき集め……
st686.jpg

一度は広がってしまった敵アンカーを、
st687.jpg

反転攻勢により、次々破壊。
st688.jpg
st692.jpg
ラスボス宙域を残し、南方は完封する事に成功した。
問題は、敵中枢に飛び込んでも今は意味が無いという点だ。
全ての敵領域(のアンカー)を消し尽くさなければ、中枢への攻撃は通らない。

地球軍は北側を攻める事が出来ない。
まったく厄介な所に出現してくれたものだ……


と、全く予想外の所に敵艦隊が出現。


遥か彼方、銀河南東の端の端……
st689.jpg
あああっ!! ワームホール! ワームホールかぁっ!!

そうだった! シンモトロイはそれでレギンチュ領の奥に飛び地を作ったんだった!

かつてシンモトロイの物だったワームホールは、しっかりと占拠されている!
st690.jpg

こちらは、一応レギンチュが襲って来た時のために6000ほどの艦艇を配置しているが……
急いで戦力化しなければならないだろうか……

うーむ、しかし、生産がとても追いつかない……
合金が足りない……

そうこうしているうち、防衛線も崩れ始める。
流石に6万や4万の艦隊が次々出てくるとなると、いつまでも同じ場所を維持はできない。
修理出来る地点が少し離れているという事もあり、
st693.jpg
どうしても踏みとどまれず、隙が生まれる。
その隙を突かれると、こうなる。
st691.jpg
いよいよ、詰んだか……?


前線が押し上がった隙に、
st694.jpg
調査船を送り込んでデブリを解析。

解析したデータを元に、新兵器を開発。
粘って戦い続ける間に、対アンビドゥン兵器「事象崩壊砲」が完成するが……

st695.jpg

st696.jpg

従来の通常兵器を積んだ艦隊が、次々に脱落していく。


減っていく艦艇。

崩壊した国土により、嵩み始める維持コスト。

追いつかない新型艦の生産。

戦線はジワリと下がり、最終防衛ラインまで敵は迫りつつある。



今回も、銀河を守る事は出来ないのか……?!
諦めるか、どうするか、今はまだ、判断ができない……


~~ 次回へ続く ~~





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント