気刊くろみつタイムス

アクセスカウンタ

zoom RSS NETFLIXで配信されたスペイン製アニメ「インビジマル」

<<   作成日時 : 2016/12/22 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


なんか可愛いぞこれ!なんだこれ!と気になって一話を見てみたら結構面白かったので、
どういう作品なのかを調べてみました。

元々は、PSPの周辺機器として発売された外付けカメラ対応のゲームで、
二次元コードをカメラで映すとカードからモンスターのポリゴンモデルが画面上に出現…という、
3DSでよくあったARカードみたいな機能をウリにしたモンスター収集ゲームのようです。
アニメの中でも二次元コードがちょこちょこ出てきて、ゲーム最新作(Vita)で読み取る事が出来るようです。

ゲームは全部で五作作られていて、SCE欧州が制作しています。
つまり、日本製ではないのですが、随所に日本のテイストが盛り込まれていて、主人公も日本人です。
(アニメは)少年少女がモンスターをパートナーにして敵のロボット軍団と戦う内容なのですが…
はっきり言って、デジモンですね。

私はソニーが嫌いなのでゲームの方には興味が無いのですが、アニメの方はかなーりよく出来てます。
CGのクオリティが高く、キャラクターも可愛い。
雪原やジャングルに移動する度に光源処理がしっかり変わってて、景色の美しさも映えてる。
主人公が帰宅した際に日本の町並みが出てきたりするが、なぜか大正ロマンな雰囲気が漂っている。
背景から小物に至るまで様々な和風要素が織り込まれているのも、見ていてあきないポイント。

スペインで2014年に放送され、1シーズン全26話。
215年にNETFLIXで配信が開始され、2016年12月になってようやく日本でも配信開始。
現在、シーズン1前半の13話のみが配信されています。
ちゃんと日本語吹き替え付きで、日本語字幕もあります。

世界観や設定はナレーション等の解説がなく、劇中で少しずつ分かるようになっていて、
その点も設定フェチとしてはオタク心をくすぐられて楽しいポイント。
登場人物は度々ビデオ録画で行動の記録をしており、カメラに向かって事件の報告を行う。
この会話の端々で、様々なSF設定が分かっていく形になっている。


第一話を見て分かるのは、こんな感じ。

・「ハンター同盟」

古来、地球で時折発見されている怪物達は、普段は目に見えない存在であり、ハンター同盟は
そのモンスター「インビジマル」の調査と保護を目的としているようだ。
その存在は極秘で、なぜ子供達を使って調査しているのか、なぜ極秘なのかも不明。

ケニー:いわゆる博士キャラ。まだ若くハンサムな黒髪ロンゲ。 日系人? ケニー・ナカムラ。
    色々事情を知っているようだが、殆ど話してくれない。性格は割と冷淡。
    ゲームでは顔出し実写で登場しており、ケンイチ・ナカムラという名前だった。
ジャスミン:博士の助手。ボーイッシュな髪型でタイトなシャツとホットパンツのセクシーお姉さん。
      博士をかなり前から知っているようだ。恋人?主に機器の操作を担当。一番の良識人。


・「Z-1」チーム

同盟基地の「シャドウゲート」で異次元インビジワールドに飛び、調査を続けている三人チーム。
ハンターと言うからには捕獲が目的? ドジばかりで今まで任務は一度も成功していない模様。
博士のデータベースによって、インビジマルの名前や特徴は大体事前に知っている。
腕に付けたモバイル機器はテレポートやデータの転送等々、色々な機能を有している。

ヒロ:日本人の少年 お調子者でお馬鹿だが、博士は一番素質を見込んでいる。
   父親はゲーム開発会社勤務で、本人もゲーマー。オタ友達のオオトモ君が日本にいる。
リマ:スペイン?の少女 褐色の肌の男勝り娘で、文化人類学者志望の優等生で仕切り屋。
   新入りのヒロが来るまではサムと二人で活動していた。無能なヒロを嫌っている。
サム:イギリス人少年 根暗な発明家で、他人と関わりたがらず、ヒロとリマの喧嘩から距離を置く。
   祖母のため?こっそり同盟の装置を盗み出して調べたりしている。ジャスミンに惚れてる?
   

・謎の敵「エクストラクター」

ロボットを使ってZ-1チームをスパイし、インビジマルを傷めつけて捕獲しようとしている。
虫型の小さなスパイロボットや、人間サイズのずんぐりした不格好な量産型ロボットを使う。
円形の装置を設置し、そこからの光線でインビジマルをカプセル内に閉じ込めてしまう。


画像


左から、リマ、ケニー、ジャスミン、ヒロ、サム。


第一話は、

氷原で観察任務中に喧嘩して失敗するが、ヒロは謎の虎鮫型インビジマルに出会う。
テレポート帰還の際にスパイロボットがくっついてくる。
基地のデータが盗み出され、スパイロボは異世界に逃げ帰る。
ロボを追って異世界へ飛び、樹人型インビジマルと共に戦い、データ強奪を阻止。
しかし、樹人型インビジマルは敵の増援によって捕獲され、大ピンチ。
そこに虎鮫インビジマルが現れ……

という内容。

良識と知識でリーダー肌のリマ、発明品で事態を解決するサム、に対して、
今のところヒロはただの足手まとい。
博士曰く、とんでもない才能を秘めているらしいが……

ヒロインのリマが雪原でも常にヘソ出しなのが気になるけど、
劇中では温度調節機能付きのパンツの存在も語られていて芸が細かい。

OP映像を見ると、どうも主人公達はモンスターに変身して戦うようだ。
ヒロの相棒が虎鮫で、リマが樹人? サムはロボット型のヤツかな…?

まあ、そんなこんなでとってもデジモンライクなアニメで、この先も楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NETFLIXで配信されたスペイン製アニメ「インビジマル」 気刊くろみつタイムス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる